交通事故のケガの損害賠償請求権の時効が「5年」に延長|交通事故に強い大阪の法律事務所 - 弁護士法人えん

MENU
CLOSE
  1. TOP
  2. お役立ち情報

交通事故のケガの損害賠償請求権の時効が「5年」に延長

公開: 更新:

交通事故による損害賠償の請求は、加害者がだれか判明しており、かつ、交通事故が起こりor事故による怪我の治療が終わってから3年以内に行わなければならないものとされていました。

ですが、2020年4月1日からはルールが変わり、加害者がだれか判明しており、かつ、交通事故が起こりor事故による怪我の治療が終わってから5年以内、に権利の行使期間が延長されることになりました。

(リンク: 法務省)

何らかの理由により、事故から長期間示談交渉を行うことができず、時効により示談金の支払いをあきらめざるを得なかった被害者についても、この改正で請求が可能になる可能性があります。ぜひ一度ご相談ください。

 

この記事の著者

吉村 歩

吉村 歩

交通事故は突然日常を奪います。事故の相手方や、保険会社との交渉、医師とのやり取りといった非日常的な難事が、仕事や家事、安息にあてられるべき時間を圧迫します。あなたの日常生活を取り戻しましょう。私たちがお手伝いします。

関連する記事

公開: 更新:
追突事故の様子
公開: 更新:

過失割合10対0の交通事故とは?「避けようがなかった」のに過失0ではない理由

目次1 そもそも「過失が0」とは?2 交通事故の“形”でみる過失割合「10対0」のケース2.1 追突2.2 逆走車との正面衝突2.3 赤対青の信号無視3 過失割合「10対0」になり得るその他のケース3.1 加害者が飲酒運 […]

公開: 更新:
公開: 更新:

自転車の交通事故における過失割合や損害賠償金

目次1 自転車の交通事故における過失割合1.1 過失割合の判断基準1.2 自動車・バイクと交通事故を起こした場合の過失割合1.3 自転車同士が交通事故を起こした場合の過失割合1.4 歩行者と交通事故を起こした場合の過失割 […]

相談は無料です。
まずはお気軽に
お問い合わせください。

業務時間
9:00-18:00
18:00-20:00

※平日9:00-18:00にお問い合わせのうえ事前にご予約を頂ければ、▲の時間も法律相談可能です。


慰謝料増額の可能性あり
可能性を逃す前にご相談を!