むち打ち症で後遺障害等級「併合14級」を獲得した事例|交通事故に強い大阪の法律事務所 - 弁護士法人えん

MENU
CLOSE
解決事例
  1. TOP
  2. 解決事例
  3. むち打ち症で後遺障害等級「併合14級」を獲得した事例
むち打ち症で後遺障害等級「併合14級」を獲得した事例
後遺障害等級:申請前にご依頼
保険会社提示額提示前にご依頼
サポート
後遺障害等級:併合14級
保険会社提示額327万円
男性
年齢 50代
性別 男性
住所 大阪市
受傷部位 首、腰、足
傷病名 頚部捻挫、腰部捻挫
治療期間 6.1ヶ月
後遺障害等級 併合14級

事故発生から解決まで

事故発生時の状況 業務でトラックを運転していた際、相手方の車がノンブレーキで追突してきた事故です。
ご相談の経緯 弁護士にどのタイミングで相談しようか迷っていらっしゃったそうで、たまたま当事務所のラジオCMをお聞きになりご相談頂きました。
弁護士の対応 ご依頼者のお怪我である「頚部捻挫」「腰部捻挫」、いわゆる「むち打ち症」の場合、相手方保険会社から治療費が支払われる期間は、一般的に3~6ヶ月となっています。

ご依頼者は6ヶ月の通院を希望されていましたが、ご相談にお越し頂いた時点で事故から3ヶ月半が経過しており、治療費の支払いが終了される可能性もあるタイミングでした。

そこで、通院頻度を下げることで治療費の支払い期間を希望通りにして頂くよう交渉することとしました。
弁護士が対応した結果 交渉の結果、合計6ヶ月間、相手方保険会社から治療費を支払って頂き通院できたものの、残念ながら首や腰、右足に症状が残ってしまいました。

そこで、後遺障害等級の申請においてご依頼者の症状を正確に認定機関に伝えられるよう、当職から主医師に対してお手紙を送付。症状を詳細に記載した後遺障害診断書の作成を依頼しました。

その結果、首の痛みと、腰から右足にかけての痛み、両方に対して後遺障害等級14級が認定され、併合14級を認めて頂きました。

担当弁護士のコメント

治療期間と賠償金にご満足頂けた事案

逸失利益(後遺障害によって将来得られなくなったと考えられる収入の補償)と後遺障害に対する慰謝料は、交渉の結果、当方の請求額満額を支払って頂くことができました。

治療期間と賠償金の2点でご満足頂けた事案です。
担当弁護士/吉村 歩
担当弁護士/吉村 歩

ご依頼者の声

アンケート用紙のキャプチャ画像
最初の電話対応がすごくよく、ここでお願いしようと思いました。
弁護士の方の対応も良く、とてもスムーズに満足の結果が出ました。
今後又機会あればお願いしたいと思います。
色々とお世話になりありがとうございました。

この記事の著者

吉村 歩

吉村 歩

交通事故は突然日常を奪います。事故の相手方や、保険会社との交渉、医師とのやり取りといった非日常的な難事が、仕事や家事、安息にあてられるべき時間を圧迫します。あなたの日常生活を取り戻しましょう。私たちがお手伝いします。

関連する事例

業務時間
9:00-18:00
18:00-20:00

※平日9:00-18:00にお問い合わせのうえ事前にご予約を頂ければ、▲の時間も法律相談可能です。

慰謝料増額の可能性あり
可能性を逃す前にご相談を!